学生納付特例の追納方法

僕は学生時代、国民年金を学生納付特例にしていました。
そろそろ払おうと思って、先日、年金事務所(旧:社会保険事務所)に行ってきました。
これ、結構面倒くさいです。
誰かのお役に立てばと思って書き留めておきます。

  • 自分から払いに行かないといけない

学生納付特例をやめて(社会人になったりして)、年金を払いはじめても
学生納付特例の追納をしなさいという案内、追納方法の案内は来ません。
自分から、年金事務所に出向きましょう。

  • 年金事務所→金融機関というステップが必要

学生納付特例の追納は、年金事務所で納付書を発行してもらって
それを使って金融機関で払い込みというステップが必要です。
納付書は年金事務所ではないと発行してもらえませんし、
年金事務所でお金を払うこともできません。
必ず年金事務所と金融機関の両方に行く必要があります。
普通の仕事(平日働いて土日休み)をしてる人にとってはこれは非常に面倒くさい。
ただし、年金事務所は週1回夜まで、月1回休日に窓口が開いている日があいています。

  • 納付書の有効期限は3月31日まで

年金事務所に何度も行くのが面倒だから、
全期間分の納付書を一気に発行してもらった上で
少しずつ払っていけばいいじゃんと思うかも知れません。(僕もそう思いました)
でも、学生納付特例にいしている分の年金は3年度目以降加算金が付き
年度ごとに金額が変わっていきます。
そんなこともあって、納付書の期限は年度末で切れます。
だから、年度内に払えない分の納付書を発行してもらっても無駄です。